スポンサーサイト - --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

モンスターハンター4 イーカプコンバナー

-件のコメントが届いています

無双OROCHI2 トロフィーコンプリート - 2012.05.02

無双OROCHI2 のトロフィーをコンプリートしたので
振り返って感想を書いてみようと思います。

購入したのが3月末なので、プレイ期間はほぼ1ヶ月。
総プレイ時間は、約93時間。
トロフィー関連で効率の悪いプレイをしてしまったのが原因。


無双OROCHI2 というタイトルですが、シリーズ3作目となるこの作品。

前作(魔王再臨)の後、世界は三国と戦国が融合したままではあるが、一応は平和となっていた。
そこへ八つの頭を持つ妖蛇が出現し、世界を呑み込んでいく。
英雄たちは反撃を試みるものの次々と倒れていき最後に残ったのは、司馬昭・馬超・竹中半兵衛の3人。
その3人も窮地に追い込まれ、諦め掛けたところへ仙界からかぐやが現れ挽回の策を示す。

時を過去に遡って勝てなかった戦いを勝利に導き、倒れた仲間を救い妖魔軍に対抗するというのが、
全体のストーリーの流れとなっています。所謂タイムトラベル物ですね。
基本的には、司馬昭・馬超・竹中半兵衛の3人がストーリーの中心となります。
他の武将にスポットが当たることもありますが、武将数総勢132人ということもあって深く掘り下げた話はありません。
拠点での会話で補完されることがあるものの群像劇としては中途半端な印象です。


ゲームシステム面では、アクションタイプが過去シリーズと大きく変わっています。
これまでの PowerSpeedTechnique の3タイプに加えて Wonder というタイプが追加されています。
特に Technique タイプは、EXチャージやEXカウンターの廃止によって弱体化した上に
Wonder タイプと出来ることがあまり変わらないという残念なことになってしまいました。

また、過去シリーズからタイプが変更された武将も多く操作感、イメージの違いに戸惑うこともありました。
例えば孫悟空(SpeedWonder)。
 キャラクターのイメージには合っているが、ゲーム的にはチャージ攻撃の大きな隙をキャンセルできない。
例えば女カ(SpeedPower)。
 扱い方が変わりはしたものの弱体化はされていない。しかし、キャラクターイメージには全く合っていない。
タイプ変更の理由が一貫していないのが気になるというか、不満というか・・・
どうせなら全部イメージ優先でやって欲しかったですね。


戦場について。
全体的にザコ敵の出現数が多く、大半のステージで1000人斬りが可能です。
逆に多すぎてマシンの描画性能を超えてしまい、画面に表示されないステルス状態の敵が発生するほどです。
また、広いマップが多く、徒歩での移動が苦になる場面も結構ありました。


トロフィーに関しては、難しいものはそれほどありませんが、時間が掛かるものが多かったです。
一番難しいと思われる「修羅の頂」でもしっかり準備しておけば、それほどプレイヤースキルは要求されません。
いずれかの武将で100回出撃や全武将熟練度Sといったトロフィーの方が、
作業プレイへの忍耐力が必要になるのでハードルが高いのかもしれません。
それでもゲームのボリュームから考えると、まぁ妥当なトロフィー設定ではないかと思います。
仮に全武将との友好度MAXなんてものがあったら、面倒臭すぎて挫折していたかもしれません。


そう、大いに不満な点がひとつありました。
ギャラリーモードのモデル観賞でのカメラなんですが、相変わらず真下に回り込めません。
そして、ズームすらないとか・・・もうステージクリアに失敗したときよりもショックでした。


いくつかの不満点はありましたが、最近の無双系アクションとしては面白い方だった思います。
orochi2p.jpg
関連記事
web拍手 by FC2

モンスターハンター4 イーカプコンバナー

0件のコメントが届いています

≪PREV TOP PAGE NEXT≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。