スポンサーサイト - --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

モンスターハンター4 イーカプコンバナー

-件のコメントが届いています

[三国無双6] クロニクルモード 修学士問題 - 2011.04.19

mh_p3.jpg

4/19 20:00更新
クロニクルモード修学士が出す問題。
問題文と正解選択肢を羅列しているだけなので Ctrl+F で検索してください。

達成度100%

私の環境では大丈夫なのですが、環境よって文字化けがあるかもしれません。 赤壁の戦いにのぞみ、火攻めを選択した連合軍。
火攻めには自軍から敵陣へ吹く風が不可欠である。
諸葛亮が吹くように祈った風の向きは?
A:南東

「黄巾賊」と呼ばれる反乱軍と官軍が戦った乱とは?
A:黄巾の乱

曹操と曹仁の関係は?
A:従兄弟

夏侯惇が矢で射られたのはどちらの目?
A:左目

劉備・関羽・張飛が立てた義兄弟の誓いの俗称は?
A:桃園の誓い

この中で皇帝にならなかったのは誰?
A:曹操

黄巾の乱を起こした張角・張宝・張梁三兄弟のうち、最後に倒れたのは誰?
A:張宝

赤壁の戦いで、敗走する曹操を補足したにも関わらず、
見逃した劉備配下の将は?
A:関羽

曹操の後を継いだのは曹丕だが、実は長男ではない。
では、曹操の長男は誰?
A:曹昴

三国志は現在のどこの国の物語?
A:中国

呂布や関羽の愛馬は?
A:赤兎馬

次のうち、曹操の直系の親族ではないのは誰?
A:曹泰

劉備は趙雲の戦いぶりを
「子龍は一身これすべて○なり」と評している。
○には何が入る?
A:胆

臥龍(伏龍)といえば諸葛亮のこと。
では鳳雛といえば誰のこと?
A:龐統

神医と呼ばれた伝説的な名医は誰?
A:華佗

賈クは曹操の時代から魏に仕えたが、
賈クが死去した際の魏の君主は?
A:曹丕

張繍は曹操を夜襲し、猛将の典韋を倒したが、
その後曹操の逆襲に遭い、ある群雄と結ぶ。
その群雄とは誰?
A:劉表

黄巾賊は、「蒼天すでに死す 黄天まさに立つべし」と歌い、乱を起こした。
「黄天」とは黄巾賊のこと。では「蒼天」とは?
A:漢

関羽は長く美しいひげを蓄えていたことから、
「美髯公」と呼ばれた。その名付け親は?
A:献帝

魏の参謀だった荀は、曹操からあるものを贈られて、
自分が不要になったと悟り自ら命を絶った。あるものとは?
A:空の食事

曹操を「治世の能臣、乱世の奸雄」と評した人物は?
A:許劭(キョ ショウ)

虎牢関の戦いののち、董卓は洛陽を焼き払って都を移した。
どこに遷都した?
A:長安

曹操の祖父の曹騰は宦官だった。
では宦官はどんな人を指す?
A:去勢された人

長坂坡で、趙雲が夏侯恩から奪った、もと曹操所有の宝剣は何?
A:青の剣

曹操の参謀で、若くして病没し、
もし生きていたら赤壁の大敗はなかったと、
曹操を嘆かせたのは誰?
A:郭嘉

孫尚香は、武術を好み、常にあるものを携帯していたことから、
あだ名がついた。携帯していたものとは何?
A:弓

曹操がある行軍の際、水不足に苦しんだ。
曹操は「前方に○の林があるぞ!」と言い、
兵たちののどの渇きを癒したという。何の林?
A:梅

賊の厳白虎を孫策の追っ手から匿ったため配下の虞翻に去られ、
孫策に敗れたのち曹操に仕えたのは?
A:王朗

次のうち、諸葛亮の血縁でない者は?
A:諸葛諸

曹操が董卓暗殺に失敗するとこれに随伴して洛陽を脱したが、
途上、曹操の無軌道ぶりを見て信条の違いに気づき離反、
のちに呂布に仕えた軍師は?
A:陳宮

曹操が死んだのは220年で、夏侯惇も後を追うように同年に死んでいる。
他にも同じ年に死亡している人物は多いが、次のうち、没年が違うのは誰?
A:張飛

黄巾賊の残党でありながら、
蜀滅亡後まで活躍した長寿な武将は誰?
A:廖化

許チョの子の名は?
A:許儀

曹操の客将だった劉備が袁術討伐に向かう際、
路昭とともに監視を命じられるが、兵を置いたまま
まんまと追い返され、曹操に斬られそうになったのは?
A:朱霊

張角に太平要術の天書三巻を授けた仙人は?
A:南華老仙

三国志の始まりは後漢時代の末期。
では、この後漢の最初の皇帝は誰?
A:光武帝

曹操は、長期にわたって馬超と対陣して冬を迎え、
撤退しないと寒さで自壊するという岐路に立たされた。
このため、あるものを使って城を急造した。あるものとは?
A:氷

戦場で何度も窮地に陥った曹操だが、
その都度、配下に命を救われている。
次のうち、曹操を救っていないのは誰?
A:夏侯惇

曹操と馬超と孫権のどの一族にもいる、同名の人物は?
A:休

関羽は「美髯公」と呼ばれたが、その髯の長さは?
A:二尺

禰衡は曹操の面前で、曹操自慢の配下に対する悪口雑言の限りを尽くした。
「顔がいいから、見舞いや弔問にうってつけ」と言われたのは誰?
A:荀

夏侯惇、夏侯淵、曹仁は曹操の従兄弟であるが、
他にも従兄弟がいる。次のうち、曹操の従兄弟は誰?
A:曹純

赤壁の戦いにおいて、「苦肉の計」を実行して
偽りの寝返りを成功させた武将は?
A:黄蓋

鮑三娘は、関索の妻とされるが、『三国志演義』には登場しない。
では鮑三娘が登場する書籍は?
A:花関索伝

諸葛亮の発明によるもので、
同時に複数の矢が放たれる武器は?
A:連弩

孫策と周瑜は姉妹をそれぞれ娶った義兄弟である。
では、曹操と同様な関係の武将は誰?
A:夏侯淵

曹操の軍師・賈クは、もと張繍の配下だった。
しかし物語では、他の君主の配下として初登場している。どの君主?
A:李カク・郭

次のうち、諸葛亮と同郷の人物は誰?
A:于吉

敗走中の袁術は、喉が渇き、蜂蜜の入った水を欲したが、
配下の料理人に「蜂蜜水はないが、これならある」と言い返された。
あるものとは何?
A:血の水

徐州で劉備が曹操に敗れた際、関羽は下邳に追い詰められ、
旧知の張遼の勧めに従い、いったん曹操に降る。
関羽は条件付で降伏したが、いくつ条件を出した?
A:3つ

次のうち、郭淮を殺したのは誰?
A:姜維

後継者の指名に悩む曹操。誰がいいか質問したところ、
「袁紹や劉表のことを考えていた」と、まったく見当違いな答えを返したのは誰?
A:賈ク

意外に顔が広い劉備。
次のうち、「桃園の誓い」以前に知り合っていなかった人物は?
A:孔融

諸葛亮が南征から引き上げる際、孟獲は生贄を捧げて川の氾濫を鎮めようとした。
諸葛亮は生贄をやめさせ、代わりにあるものを川に投げ込んで氾濫を鎮めたという。あるものとは?
A:饅頭

「士、別れて三日なれば、即ち更に刮目し相対すべし」とは、誰の言葉?
A:呂蒙

ある武将は、寝ている間に暗殺されることをおそれ、
「夢の中でも人を殺せる」とうそぶいたという。それは誰?
A:曹操

次のうち、トウ艾の子は誰?
A:トウ忠

董卓が死んだときに、遺骸にすがりついて泣いたため、獄中に入れられ死んだ後漢の高官は?
A:蔡ヨウ

次のうち、曹操の一族でないのは誰?
A:曹性

当時は、ある昆虫が異常な量の大発生をすることがあった。
群れで移動しつつ、食料や植物を根こそぎ食い尽くし、大飢饉が発生する原因にもなった。
その昆虫とは?
A:イナゴ

三尖刀を得物とする、袁術配下の猛将は?
A:紀霊

袁氏との戦いで、傾国の美女とたたえられる甄姫を妻にした、魏の初代皇帝は?
A:曹丕

郭嘉を曹操に推薦したのは程イク。
だが、正史では違う人物が推挙している。それは誰?
A:荀

荊州陥落の際、義父とともに斬られた関羽の養子は?
A:関平

次のうち、『三国志演義』と正史『三国志』で実父が異なるのは?
A:夏侯楙

次はいずれも曹丕の子だが、このうち、甄姫の子は?
A:曹叡

反董卓連合の盟主となったのは誰?
A:袁紹

水関の戦いで、当時無名だった関羽に斬られたのは?
A:華雄

曹操が飛ばした、打倒董卓の檄文に応じて諸将が集まる。
このとき劉備は、ある将の指揮下で義勇兵として戦った。その将とは?
A:公孫サン

曹丕の時代に定められた九品官人法は画期的で、後世にも引き継がれた。
これは誰が創案したもの?
A:陳羣

曹操の息子で最も勇猛だった曹彰が理想とした人物は誰?
A:霍去病

濮陽の戦いで呂布軍に敗れた曹操。乱戦のなか孤立し、
呂布本人に遭遇して「曹操はどこだ」と尋ねられた。
「○色の馬に乗っているのが曹操だ」と嘘をつくが、○色とは?
A:黄

正史では呂布のあだ名は「飛将」。
前漢時代のある名将のあだ名と同じである。前漢の「飛将軍」とは誰のこと?
A:李広

劉表のもとにあった劉備は、自分の体のある部分を見て、
戦功を立てる機会が訪れないことを嘆いたと言う。ある部分とは?
A:腿(もも)

水関の戦いで反董卓軍の先鋒となったのは?
A:孫堅

定軍山の戦いでは、蜀と魏で捕虜の交換が行われている。
蜀側の捕虜は陳式。では魏側の捕虜は?
A:夏侯尚

赤壁の戦いの際、旧知の周瑜に降伏を勧めに行くが、
逆に周瑜の計にかかり、曹操に蔡瑁らを殺害させた幕僚は?
A:蒋幹

曹操は関羽を捕虜にし、客将として大いにもてなした。
関羽には立派な住まいが与えられたが、その名前は?
A:春秋楼

蜀の五虎大将で、劉備の配下になるのが最も遅かったのは?
A:馬超

次のうち、『三国志演義』と正史で字が違う武将は?
(「じ」ではなく「あざな」)
A:張飛

日本語には「噂をすれば影がさす」ということわざがあるが、
同じ意味で「○○の噂をすれば○○が現れる」という
ことわざが中国語にもある。この人物は?
A:曹操

程イクは、改名して程イクと名乗った。もとの名前は?
A:程立

次の役職のうち、劉備が就いていないのは?
A:典軍校尉

虎牢関の戦いに登場時、孫堅がかぶっていたのは?
A:赤の頭巾

黄忠・魏延が最初に仕えていた君主は?
A:韓玄

曹丕は臨終の際、信頼できる側近に後事を託したが、
次のうち、子の曹叡の補佐を頼まれていないのは誰?
A:王朗

潼関の戦いで、敗走する馬超を目がけて于禁が放った矢は、
味方に命中する。于禁が射殺した味方武将は?
A:李堪

近年、曹操の墓が発掘され話題となった。
曹操の墓と認定されたのは、石碑にある文字が刻まれていたため。その文字とは?
A:魏武王

孫堅は、ある有名な人物の子孫であるとされた。それは誰?
A:孫武

『三国志演義』によると、次のうち最も長身だったのは?
A:兀突骨

司馬懿が提案した「対蜀五路同時侵攻作戦」に基づき、
一路にあたる西平関に十万の兵で攻め込むが、
敵将が馬超だとわかった途端、戦意を失い撤退した鮮卑の国王は?
A:軻比能(かびのう)

銅雀台落成の式典で、弓の腕試しが行われたが、
次のうち、腕試しに参加しなかったのは誰?
A:于禁

袁紹の一族は「四世三公」と言われた名門で、
「三公」とは後漢の各行政の最高責任者である。
その役職名は、太尉、司空、そしてもう一つは?
A:司徒

蜀の二代目皇帝、劉禅の幼名は?
A:阿斗

曹操は、ある地方の黄巾賊を討伐後、
降伏してきた者から精兵を選んで雇った。
この兵はなんと呼ばれている?
A:青州兵

曹操が献帝を保護したとき、都・洛陽は荒廃を極めていた。
このとき曹操に、本拠・許昌への遷都を勧めたのは?
A:董昭

次の4人はいずれも曹操の子であるが、母が違うのは誰?
A:曹沖 [ン中]

馬超と韓遂は反曹操の兵を挙げ、長安、潼関を攻略した。
次のうち、韓遂配下の八部将に入らないのは誰?
A:馬鉄

その武勇から「小覇王」と呼ばれた武将は?
A:孫策

三国を統一したのはどの国か?
A:晋

司馬炎に禅譲を迫られ、魏最後の皇帝となったのは?
A:曹奐

もとは魏の臣、のちに晋王朝の土台を築いた策略家とは?
A:司馬懿

『三国志演義』では十常侍は10人だが、『後漢書』によると、
それ以上の人数で、概算で十常侍だったとされている。
『後漢書』では何人と記述されている?
A:12人

初陣の関羽に一撃で切り捨てられた黄巾賊の武将は?
A:程遠志

刑罰などで去勢された男性官吏のことで、皇帝の側近として
後宮に仕え、腐敗政治の原因となった者たちの名称は?
A:宦官

曹操は死後、墓を暴かれることを恐れ、
似たような墓を多数築くように遺言したが、その数は?
A:72基

曹操の死後、魏の王位を継いだ曹丕。曹丕の内意を受け、
宮中の内殿を侵して献帝に禅譲を迫った諸官は
40人いたが、その40人に含まれないのは誰?
A:陳羣

袁尚配下の武将で、呂曠の弟は?
A:呂翔

白馬の戦いで、曹操軍の魏続・宋憲を討ち取り、
徐晃を退けた袁紹軍の武将は誰?
A:顔良

南征のときに兵士に脚気が蔓延した。
その対策に諸葛亮が陣中で栽培したことから、
「諸葛菜」と呼ばれるようになった野菜は?
A:カブ

次のうち袁紹の血縁は?
A:高幹

下ヒで籠城中、禁酒令を出した呂布。
宴会を開こうとして、呂布に酒とつまみを贈り、
むち打ちの刑に処せられたのは誰?
A:侯成

関羽が曹操の元を離れて劉備のところへ向かうとき、
赤兎馬を盗もうとした山賊で、元黄巾賊の武将は?
A:裴元紹

小沛で呂布に敗れた劉備は、妻子を捨てて身一つで逃げた。
この時、劉備の妻子の保護を呂布に談判した者は誰?
A:糜竺

呉の最後の皇帝は?
A:孫晧

献帝の密命を受け、曹操の暗殺を謀った董承。
しかし董承の従者の裏切りで計画は露見し、
関係者は全員処刑された。この従者は?
A:秦慶童

張松が、たった一回読んだだけで暗記した書物は?
A:孟徳新書

呂布の敗死後、捕縛された張遼は曹操を罵り続けた。
曹操は張遼を手に掛けようと剣を振り上げたが、
あわてて背後から曹操の手を押さえたのは誰?
A:劉備

諸葛亮の息子で、劉禅の娘を妻にし、蜀の重鎮であったが、
トウ艾の侵攻で敗死したのは?
A:諸葛瞻

夏侯淵の長男だが、のちに蜀に寝返ったのは?
A:夏侯覇

袁紹の次男・袁煕、三男・袁尚が
曹操に敗れて遼東まで逃れてくると、二人を殺害し、
その首を曹操に送ったのは?
A:公孫康

袁術が建国した王朝名は?
A:仲

初陣の張飛に一撃で斬り捨てられた黄巾賊の武将は?
A:トウ茂

呂布は、ヘイ州五原郡の出身。
その呂布と同郷なのは誰?
A:李粛

黄巾賊を率いた張三兄弟。長兄・張角は「天公将軍」、
次兄・張宝は「地公将軍」と名乗った。では末弟の張梁は?
A:人公将軍

三国志の国の組み合わせは?
A:魏・呉・蜀

袁術が皇帝に即位したとき、手紙でこれを諫めたのは?
A:孫策

成都攻略戦で、成都に一番乗りを果たし、制圧した魏の武将は?
A:トウ艾

楊奉の属将だった徐晃が許チョと互角に戦うのを見て、
ぜひ陣営に加えたいと言う曹操。これに応えて手を回したのは誰?
A:満寵

曹操の怒りを買い投獄された華佗。
こはやこれまでと死を覚悟し、世話になった牢屋の番人に託した医術書の名前は?
A:青嚢書

頭痛に悩む曹操に召し出された名医・華佗。
しかし、治療法を聞いて曹操は激怒する。その治療法とは?
A:頭の切開

司馬炎の命で呉に攻め込むが、迎え撃った陸抗と、
敵味方を超えた親交を結んだ晋の名将は?
A:羊コ

魏に攻め込まれた際、徹底抗戦を主張した劉禅の五男は?
A:劉シン [言甚]

攻城兵器で、折り畳み式の大梯子を搭載した車は?
A:雲梯

次のうち、反董卓連合軍に参加しなかったのは誰?
A:劉焉

次のうち、黄巾賊への所属歴がないのは誰?
A:韓浩

華佗が医術の秘法を著した『青嚢書』。
燃やされたが、一部だけ焼失を免れた。
その箇所に書かれている内容は?
A:去勢法

孫権からの使者を斬って曹叡の歓心を買うが、
与えられた爵位が低いとして不満を募らせ、
燕王を自称して魏に反乱したのは誰?
A:公孫淵

『三国志演義』は、中国四大奇書の一つとされる。
次のうち、残りの三つに含まれないものは?
A:紅楼夢

諸葛亮の一族は、兄の諸葛瑾が呉に仕えるなど、
魏呉蜀三国に分かれている。
では次のうち、魏に使えていないのは誰?
A:諸葛均

袁紹と曹操の決戦となった官渡の戦い。
次のうち、袁紹軍から曹操軍への寝返らなかったのは誰?
(原文ママ)
A:淳于瓊

関羽が曹操の元を離れて劉備のところへ向かうとき、
追い討ちを掛けて斬り捨てるように進言したのは誰?
A:程イク

張繍を攻めた際、曹操は張繍の裏をかこうとしたが、
さらにその裏をかいた賈クに撃退された。
この賈クの計略は何という?
A:虚誘掩殺の計

一騎討ちのときに、「燕人・張飛をしっているか!」と
名乗りを上げた張飛に対し、「うちは名家だ。
お前のような下郎など知るわけがない」と言い放ったのは?
A:馬超

桃園の誓いは、誰の家の裏庭で行われた?
A:張飛

劉備は両腕が長く、膝下まで届いたという。
次のうち、同じく膝下まで両腕が届いたとされるのは誰?
A:司馬炎

曹操の娘を自分の子の嫁にもらったのは誰?
A:荀

合肥の戦いで、甘寧は夜陰に乗じて曹操の本陣に
勇士100人とともに決死の斬り込みをかける。
さて、味方の目印として鳥の羽を兜に挿したが、その鳥は?
A:鵞鳥(ガチョウ)

関羽は腕に受けた毒矢の治療で名医・華佗の手術を受けた。
麻酔無しにも関わらず涼しい顔で、手術中は囲碁に興じる。
このときの囲碁の相手は?
A:馬良

赤壁の戦いで火計のために、偽りの投降を実行する黄蓋。
曹操軍に接近する黄蓋の船は、南東の風に乗り船足が速い。
このことから、最初におかしいと気づいた曹操の配下は誰?
A:程イク

益州は多士済々であり、多くの人材を輩出したが、
次のうち、益州出身でないのは誰?
A:蒋エン

次のうち、最も古くから劉備と行動を共にしているのは?
A:簡雍

次のうち、丞相になっていないのは?
A:張昭

曹操軍の追撃から劉備を逃がすために、
しんがりとして長坂橋に仁王立ちした張飛。
追撃してきた曹操軍の中で、長坂橋にいなかったのは?
A:徐晃

280年、晋(西晋)により呉が滅ぼされ、三国時代は終わるが、
その晋(西晋)が滅んだのは呉滅亡から何年後?
A:36年後

妹の何太后が霊帝に寵愛され、のちの少帝を生むに至り、
その威を笠に着て大将軍に栄達した何進。もとの職業は?
A:肉屋

ホウ徳は張魯軍の客将として奮戦したが、
曹操軍を深追いし、落とし穴に落ち捕縛された。
負けた振りをしてホウ徳を穴に誘い出したのは誰?
A:許チョ

「自分が酔っているときは、
誰かを殺せといっても殺してはいけない」
と言うほど酒癖が悪かったのは誰?
A:孫権

司馬炎の命を受けて、龍驤将軍として呉に侵攻し、
孫皓の身柄を確保したのは?
A:王濬

次のうち、『三国志演義』で
初登場が最も遅かったのは?
A:黄忠

董卓暗殺を目論んだ貂蝉の主は?
A:王允

孫策から質に取った玉璽を根拠に、皇帝に即位したのは誰?
A:袁術

司馬師が曹芳を廃したことに怒り、文欽とともに挙兵したのは?
A:カン丘倹

次の武将のうち、『三国志演義』で最も遅くまで活躍したのは?
A:姜維

袁紹の軍師で、その才知は前漢高祖の謀臣、
張良・陳平に劣らぬとされながら、官渡の戦いでは、
策を採用されないばかりか、讒言で投獄までされたのは?
A:田豊

左慈が峨眉山で岩壁の中から入手したとされる書物は?
A:遁甲天書

正史『三国志』の著者は?
A:陳寿

蜀滅亡後、洛陽に移った劉禅は、蜀が懐かしいかと聞かれて。
「ここは楽しいからまったく懐かしくない」と答えた。
これを諫めたのは?
A:郤正

ホウ統の一族で、魏に仕えて出世したのは?
A:弟

曹操は、新野から南下する劉備を追うため、
荊州にいたもと劉ソウ配下の武将二人を、水軍の指揮官に任ずる。
蔡瑁と、もう一人は?
A:張允

蛮族の王で、呉侵攻の際、劉備に協力して出陣し、
甘寧の頭に矢を当て、討ち取ったのは?
A:沙摩柯

董卓討伐戦後に無官となっていたが、
董卓が死亡すると、李カク・郭に召し出され、
太僕として朝政に復帰した後漢の将は?
A:朱儁

次のうち、華佗の治療を受けていないのは?
A:曹純

呂布と劉備が組むことを怖れた曹操。
これを防ぐため、荀が曹操に授けた策は?
A:二虎競食の計

初登場のとき、崔勇をただの一合で斬って落とした武将は?
A:徐晃

反董卓連合に手を焼いた董卓は、
ある諸侯の息子に娘を嫁がせ、寝返らせようと計った。
その諸侯とは?
A:孫堅

諸葛瞻の字は?
A:思遠

関羽の字は雲長だが、最初は違う字だった。
『三国志演義』における、関羽のもとの字は?
A:寿長

董卓は少帝を廃し、献帝を立てた。
さらに言いがかりをつけて邪魔になった少帝を殺害したが、
その実行犯は誰?
A:李儒

反董卓連合に押され、董卓は洛陽から長安に遷都する。
遷都に反対したため、庶民に落とされたのは?
A:荀の叔父

司馬懿の弟・司馬孚の字は?
A:叔達

幼なじみの孫策と周瑜は同じ年に生まれている。
次のうち、この二人と生年が同じなのは?
A:楊修

陶謙配下で、徐州をともに守備していた張飛から
酒を勧められたが断り、
張飛の恨みを買ってむちで打たれたのは?
A:曹豹

曹操の父・曹嵩を殺害した、陶謙配下の武将は?
A:張ガイ(門の方)

曹真の配下として諸葛亮の北伐軍と戦うが、
諸葛亮の罠にはまって魏延に斬り殺された、流星鎚の使い手は?
A:王双

曹操は「子を持つなら孫権のような子」と孫権を褒めたが、
同時に動物に例えて劉表の子をけなした。どんな動物?
A:豚・犬

諸葛亮が姜維のために書き残した兵法書は?
A:兵法二十四編

「水魚の交わり」とは、互いに切り離せないような、
非常に親密な交友を表すことわざ。これは、
ある人物同士の関係が語源となっている。誰と誰?
A:劉備と諸葛亮

荊州に侵攻する劉備に降伏し、
同姓・同郷・同年であった趙雲と意気投合するが、
兄嫁を妻合わせようとして怒りを買い、殴られたのは?
A:趙範

司馬炎の母は、王元姫だが、王元姫は誰の孫?
A:王朗

南中の大王・孟獲の弟は孟優。では、孟獲の妻・祝融の弟は誰?
A:帯来洞主

劉備が曹操の客将だったときのこと。曹操に、
「英雄と呼べるのは自分と君だけだ」と言われた劉備は、
あわててあるものを落としてしまった。ある物とは?
A:箸

諸葛亮が五丈原で没したのは秋とされているが、旧暦で何月?
A:8月

司馬昭は姜維の軍勢に追い詰められ、鉄籠山に籠もったが、
包囲されて水不足に陥る。そのとき取った対抗策は?
A:祈祷

諸葛亮は五丈原で死期を悟り、延命の祈祷を行う。
不意の邪魔が入って祈祷は失敗するが、
成功すれば何年寿命が延びた?
A:12年

次のうち、中国四大美女に含まれるのは?
A:貂蝉

陸遜は夷陵で劉備を破り、追撃を試みるが、
諸葛亮の仕掛けた「八陣図」に迷い込んで全滅の危機に瀕する。
陸遜を助けたのは誰?
A:黄承彦

三国時代、細長い船体で敵艦隊に突っ込み、体当たりで攻撃した軍船は?
A:蒙衛

賈クは曹操の時代か魏に仕えたが、賈クが死去した際の魏の君主は?
A:曹丕

方術士・左慈は曹操の前に現れ、数々の料理を出して見せたが、
次のうち、左慈が出していないのは?
A:つばめの巣

官渡の戦いの前に袁紹は、曹操を誹謗する檄文を飛ばした。
本人の曹操が読んでも肝を冷やすほどの内容だったが、檄文を書いたのは誰?
A:陳琳

王平は、ある武将の副将として魏に所属していたが、漢中の戦いで
主将との関係が険悪になり、蜀に降った。王平は誰の副将をしていた?
A:徐晃

物語中、孫堅が初登場した際、その姿は。ひたいが広く顔が大きく、
体は虎のごとくと描写されている。
さて、がっちりとした腰は何の獣に例えられた?
A:熊

北伐の際、街亭で敗退した諸葛亮は、いわゆる「空城の計」を使って撤退した。
この計を見破り、備えがないだけだ司馬懿に進言したのは?
A:司馬昭

『三国志演義』において、劉備に嫁いだ孫尚香と後継者の劉禅の身柄を
計略によってかどわかし、引き換えに荊州を奪還しようと孫権に献策したのは誰?
A:張昭

官渡の戦いで、曹操軍の張遼と袁紹軍の張コウの一騎討ちは決着がつかず、
続けて曹操軍の許チョと一騎討ちをして引き分けた袁紹軍の武将は?
A:高覧

魏・呉・蜀・晋(西晋)のうち、皇帝が一番多かったのは?
A:魏

常に鈴を携帯していた元水賊の呉の猛将は?
A:甘寧

諸葛亮の兄で驢馬に似ているとからかわれた武将は?
A:諸葛瑾

諸葛亮は『出師の表』を上奏して北伐に出陣した。
次のうち、『出師の表』の文中に名前がないのは誰?
A:蒋エン

ホウ統の字は士元である。次のうち、ホウ統と同じ字なの人物は誰?
A:司馬師

蜀の五虎大将の筆頭は関羽。では正史での末席は誰?
A:趙雲

曹操が魏王になったのに対抗し、劉備は何になったか?
A:漢中王

次のうち、王元姫の父は誰?
A:王粛

五丈原の陣中で病死した諸葛亮はどこに葬られた?
A:定軍山

霊帝は崩御の直前に、皇帝直属の常備軍「西園軍」を設置し、
指揮官として「西園八校尉」を任命した。次のうち、八校尉でないのは誰?
A:劉焉

次のうち、公孫サンと死亡年が同じなのは?
A:袁術

司馬昭の側近で、魏帝・曹髦の暗殺を指示したのは?
A:賈充

諸葛誕は、魏将だったが、諸葛亮の血族であるため、重用されなかったという。
では諸葛亮の何に当たる?
A:従弟

『三国志演義』において、諸葛亮はある人からの頼みを
「私を生け贄にする気か!」とはねつけた。誰からの頼み?
A:徐庶

公孫サンは袁紹との戦いで、袁紹の配下・文醜に追撃され、窮地に陥る。
公孫サンを救ったのは誰?
A:趙雲

孫堅が劉表軍の待ち伏せで戦死すると、孫堅の遺体と交換に劉表軍に返還された捕虜武将は?
A:黄祖

魏・呉・蜀三国の皇帝のうち、在位期間が最も長かったのは?
A:劉禅

孫権は怪異な風貌であったことが知られるが、ひげは何色だった?
A:赤

次のうち、同姓同名で字も同じの別人がいるのは?
A:劉岱

黄巾討伐の際、蘆植は監督の官吏に賄賂を送らなかったため、讒言されて左遷された。
蘆植の後任とされたのは?
A:董卓

魏・呉・蜀はすべて晋に吸収されたが、三国の皇帝はそれぞれ列侯となり、
身分は保証された。次のうち、最後に死んだのは?
A:蜀の劉禅

江夏の戦いで孫権配下の凌操を射殺したのは?
A:甘寧

次のうち、馬超の妻は?
A:楊氏

若き日の孫堅に敗れた陽明皇帝とは誰のこと?
A:許昌

黄巾の乱で、天から人馬を呼び寄せる張宝に対し、
劉備は豚・羊・犬の血を浴びせて、その邪法を破った。
さて、この方法を劉備に命じたのは誰?
A:朱儁

専横著しい丞相・孫チンを討った、呉の三代皇帝は?
A:孫休

司馬懿は首を180度後ろにひねることができたという。
このことを「○○の相」というが、○○に入る文字は?
A:狼顧

馬岱は『三国志演義』では馬超の弟分として登場するが、
実は馬騰の実子ではない。では誰の子?
A:馬騰の兄

董卓が少帝を廃し、献帝擁立を提案したとき、多くの者が反対したが、
次のうち、反対しなかった者は?
A:王允

何進が宦官誅滅の命令を発すると、
鄭泰は董卓を都に入れることに反対した。
さて、その諫言の言葉では、董卓を何に例えた?
A:山犬

孫堅は、「江東の○」の二つ名で知られる。○に入るのは?
A:虎

呉の参謀のうち、次の7人
呂蒙、張昭、張紘、魯粛、諸葛瑾、呂範、周魴は、
字の一字が同じである、同じ一字とは?
A:子

「美周郎」の呼び名で有名な周瑜の字は?
A:公瑾

巻き狩りで曹操が無礼を働いたため、献帝は募った不満をついに爆発させ、
曹操誅滅の勅書を舅の董承に託した。
次のうち、この曹操誅滅の密謀に加わっていないのは?
A:韓遂

「墓場の骸骨のようなもの」と曹操に評された人物は?
A:袁術

周瑜と親密な仲で「断金の交わり」と称されたのは誰?
A:孫策

陸遜の甥で、丞相として孫皓に諫言し続けたのは?
A:陸凱

次のうち、蜀の五虎大将に入っていない武将は?
A:劉備

次のうち、袁術の配下でないのは誰?
A:橋瑁

次のうち、馬超の弟で、父・馬騰とともに殺害されたのは?
A:馬休

袁紹の死後、その子供たちは跡目争いで分裂した。次のうち袁紹の長男は誰?
A:袁譚

曹爽の一族が絶えたのち、養子を迎え入れて曹氏を継がせることを
司馬懿に許されたのは誰の妻?
A:曹文叔

正史『三国志』は、『魏書』『蜀書』『呉書』からなるが、全部あわせると何巻になる?
A:65巻

劉備と孫尚香の婚姻が呉から提案されたとき、劉備側からの返礼の使者は?
A:孫乾

劉備に孫尚香との婚姻を申し入れたときの呉の使者は?
A:呂範

諸葛亮は周瑜の葬儀で泣き伏し、
二人の不仲を案じた呉の諸官とのわだかまりは解消した。
そんな中、帰ろうとする諸葛亮に皮肉を言ったのは?
A:ホウ統

五丈原の戦いで、諸葛亮が敵将の司馬懿に送ったものは?
A:女ものの服

江戸時代、徳川吉宗の孫に当たる松平定信は、
『後漢書』のある人物の伝を読み、深く感銘を受けたという。それは誰の伝か?
A:陳蕃

甄姫は後漢の官吏の家柄で、父・甄逸は三男五女をもうけた。
さて甄姫は第何女?
A:五女

劉備と孫尚香の婚姻の際、劉備側の媒酌人となったのは誰?
A:孫乾

孫堅は、17歳のとき、あるものを退治して名を馳せた。何を斬った?
A:海賊

貂蝉は、その美しさのあまり、
ある物が恥じて姿を隠してしまったといわれる。ある物とは?
A:月

次のうち、「建安七子」でないのは誰?
A:曹丕

董卓は反董卓連合軍に圧倒され、都洛陽を放棄し、
長安への遷都を強行する。
このとき最前線の水関を守っていた董卓軍の武将は誰?
A:趙岑

父の仇・黄祖を破った孫堅。
黄祖の配下として戦い、捕虜となったが、
甘寧の助命嘆願を受けて死罪を免れた武将は?
A:蘇飛

「江東の小覇王」孫策は次々と近隣の勢力を撃破したが、
次のうち孫策が撃破しなかったのは誰?
A:陶謙

曹仁が新野の劉備攻めで使った「八門金鎖の陣」は、
文字通り入り口が八門ある陣だが、次のうち、八門にない門は?
A:黄門

次のうち、宛城で死んでいない武将は誰?
A:ホウ徳

呉の軍師、魯粛が死んだのはどこ?
A:陸口

晋の二代皇帝。司馬衷は暗愚で、母の楊一族が政治を行っていた。
司馬衷の妻である賈后は楊一族の排斥を計り、
ここから晋を滅亡に導くある乱が勃発した。この乱の名前は?
A:八王の乱

死に瀕した劉備が諸葛亮に対して、
「言葉ばかりで実が伴わないから、重用してはならぬ」と、
評した武将は誰?
A:馬謖

赤壁の戦いの前の大事な軍議を、仮病を使って欠席した武将は誰?
A:程普

聡明過ぎる我が子を見て
「この子では保てない」と嘆いた人物は誰?
A:諸葛瑾

次のうち、青龍エン月刀の使い手は誰?
A:潘璋

兄・孫策が死んだとき、その場で泣き崩れた孫権。
それを見て「泣いている場合じゃない!」と諫めたのは誰?
A:張昭

関羽は、死後に神として祭られるようになったが、
何の神として祭られた?
A:商売

呂布軍はある武将を捕虜にすると、捕虜の交換ではなく、
金品を要求した。捕虜にされた武将は?
A:夏侯惇

諸葛亮は、夷陵に遠征中の劉備軍の陣立ての報告を受け、
「この布陣を我が君に勧めた者は死罪じゃ!」と叫んだ。
さて布陣を決めたのは誰?
A:劉備

諸葛瑾を孫権に推挙したのは誰?
A:魯粛

曹芳を廃した司馬師が新たに皇帝に立てたのは?
A:曹髦

孫策の死を聞いて、孫権の元へ駆けつけた周瑜。
孫権は周瑜に今後の事を相談する。
そのときに周瑜が推挙した人物は?
A:魯粛

「生まれた年は違えども、死ぬときは共に」とは、
「桃園の誓い」の言葉だが、劉備と生まれた年が同じなのは?
A:呂岱

祝融が得意とした武器は?
A:飛刀

臨終の際、劉備の傍らにいなかったのは?
A:劉禅

劉備に仕えて間もない頃、県令をなったホウ統は。
働きもせず毎日あることにふけっていた。何をしていた?
A:飲酒

父・孫堅の死後、孫策は客将して袁術の庇護を受ける。
横暴な袁術の元で不遇をかこつ孫策に、
兵を借りて江東に向かうように進言したのは誰?
A:朱治

劉備が一緒に戦おうと従軍を申し出ると、
「敗戦ばかりの人間と共同するのは不吉だ」と渋った武将は誰?
A:文醜

典韋は曹操から悪来のようだと賞賛された。
悪来とは、強力で知られたいにしえの猛将であるが、誰の配下だった?
A:殷の紂王

孟獲配下の阿会喃を殺したのは誰?
A:孟獲

諸葛亮の南征時、孟獲配下で、趙雲に討たれたのは誰?
A:金環三結

赤壁の戦いの前、諸葛亮は孫権を開戦に踏み切らせようと説得、
非戦派の呉臣に次々と論戦を挑まれ、ことごとく論破する。
次のうち、論戦を挑めなかったのは誰?
A:張温

蔡文姫は、董卓の残党が乱を起こした際、匈奴に連れ去られ、
左賢王に囲われた。これを左賢王から解放したのは誰?
A:曹操

諸葛亮の南征の際、妖術を使い、虎や豹、毒蛇などの猛獣を操って
蜀軍を苦しめたのは。
A:木鹿大王

南征で、諸葛亮は孟獲を捕らえては逃がすを繰り返した。
諸葛亮の恩義が身にしみ、ついに孟獲は蜀に心服する。
孟獲か心服したのは何度目に捕らえられたとき?
A:7度目

父。孫堅の志を継ぎ、「小覇王」と呼ばれた孫策。
次のうち、父の代からの配下ではないのは誰?
A:凌操

諸葛亮は北伐で張コウを倒し、「馬を射ようと思ったのだが」と、
本来の目標である司馬懿を馬に例えて悔しがった。では、張コウは何に例えた?
A:のろ

張繍は、曹操にいったん降ったが、
叔父・張済の妻と曹操が寝間に籠もった隙を突いて夜襲を敢行する。
張済の妻とは?
A:鄒氏

ハン城の戦いで、関羽に捕らえられ、
命乞いをして生き延び、曹操を失望させたのは?
A:于禁

次のうち、蔡文姫の父親は誰?
A:蔡ヨウ(邑)

関羽、杜預が愛読者だったことで知られる書物は?
A:春秋左氏伝

講義の際、生徒の集中力を試すため、
生徒の左右と後ろにわざと侍女を配したという、
劉備の師匠筋に当たる学者は誰?
A:馬融

王允は歌姫の貂蝉を使って董卓を討つことに成功したが、
その王允を殺したのは誰?
A:李カク・郭

皇帝は、死後、○帝と諡(おくりな)されるが、次のうち、
1人だけ諡が違う人物がいる。それは誰?
A:劉禅

次のうち、張飛の娘は?
A:星彩

司馬懿は兄弟が多く、いずれも優秀だったが、
次のうち、司馬懿の兄弟ではないのは誰?
A:司馬ギョウ(業β)

鄭玄は劉備にとって学問の師の一人であるが、
鄭玄の門下生で劉備に仕えた者がいる。それは誰?
A:孫乾

赤壁の戦い際、ホウ統が曹操を連環の計に陥れたのち、
呉に逃げ帰ろうとすると、ホウ統の袖をつかんだのは誰?
A:徐庶

司馬懿の兄弟は全員優秀なことで知られ「司馬八達」と呼ばれた。
では、彼らの父は次のうち誰?
A:司馬防

蜀の猛将で、老いてますます盛んの代名詞となった老将は?
A:黄忠

魏軍が成都に迫ると、劉禅はあっさりトウ艾に降伏する。
その報を聞き、剣閣を守る姜維配下の武将たちが
悔しさのあまり、斬りつけたものは?
A:石

劉備と劉璋が会談した際、ホウ統から、
剣舞の途中で隙を見て劉璋を斬るように命じられたのは?
A:魏延

赤壁の戦いのとき、ホウ統は誰に仕えていた?
A:孫権

反董卓連合として洛陽に攻め込んだ孫堅が、玉璽を見つけたのはどこ?
A:井戸の中

次のうち、周瑜が推挙していない人物は誰?
A:陸遜

次のうち、実際の死亡年が諸葛亮の上表文と食い違う人物は誰?
A:趙雲

北方異民族の匈奴は後漢を脅かし、度々苦しめた。
匈奴の騎馬には、後漢の騎馬には付けられていた、ある馬具がなかった。
ある馬具とは?
A:鞍

弓より威力の高い弩だが、さらに飛距離や威力を増すため、
弦を強く張った弩があった。手だけでは弦を引けず、
座り込んで両足を使って弦を引いた。この動作をなんと呼ぶ。
A:蹶張

北伐を行うにあたり、諸葛亮が劉禅に提出した上奏文は?
A:出師の表

馬騰が曹操に騙し討ちにされたとき、最後尾にいた馬岱は、
変装して追っ手から逃れた。馬岱は何に変装した?
A:商人

劉備が成都を攻めた際、ホウ統は上策・中策・下策、3つの策を
劉備に提案した。このうち劉備が選んだのはどの策?
A:中策

諸葛亮の初陣となった博望坡の戦いで、大軍を率いて劉備軍に攻めかかったが、
諸葛亮の火攻めに完敗した曹操軍の武将は誰?
A:夏侯惇

晋の名将・羊コの妻は誰の娘?
A:夏侯覇

孫皓に寵愛され、呉を滅亡に導いたとされる宦官は?
A:岑昏

廃位されたり殺害されたりして、諡号や廟号を持たない皇帝を廃帝と呼ぶが、
次のうち、廃帝ではないのは誰?
A:劉禅

曹操配下で名を馳せた張遼が最初に仕えた君主は誰?
A:丁原

張魯のもとにあった馬超に劉備に帰順するよう説いたのは誰?
A:李恢

羊コの母は誰の娘?
A:蔡ヨウ

魏延は、後頭部の骨が突き出ているため
「○○の相」と言われた。○○に入る言葉は?
A:反骨

鮑三娘は架空の人物とされるが、彼女のものとされる
墓が存在する。墓があるのはどこ?
A:四川

諸葛亮は『出師の表』を2度出している。
2度目は『後出師の表』を呼ばれるが、これが奉呈されたのは、
何度目の北伐の時?
A:2度目

曹操には25人の男子があった。次はいずれも曹操の子だが、
1人だけ母親が異なるものがいる。それは誰か?
A:曹昴

関羽の仇を討つため、劉備は大軍を率いて呉へと進行した。
いわゆる夷陵の戦いである。この戦いは陸遜の活躍で、
呉の大勝利となるが、この戦いで死ななかった武将は?
A:黄権

トウ艾は、土が良くても水がなければ穀物は育たぬと、
水運や灌漑の必要性を説いた書物を記した。その書物の名は?
A:済河論

劉備と関羽が初めて会った場所は?
A:酒屋

次のうち、曹操の実娘を妻としたのは?
A:夏侯楙

『三国志演義』において、
司馬懿の長子・司馬師の容貌は次のように描写されている。
「丸顔に大きな耳、○○には数十本の黒い毛が生えている」
さて、○○には何が入る?
A:瘤

関羽は荊州で呉軍に囲まれ、上庸の劉封に援軍を求めるが、
援軍を断るよう劉封に吹き込んだのは誰?
A:孟達

次のうち、鍾会が記したとされる書物は?
A:道論

五丈原で司馬懿は、天文を見て諸葛亮の死を悟り、
蜀軍を攻めようと敵陣に接近したが、あるものに驚き、
慌てて撤退した。司馬懿が見たあるものとは?
A:諸葛亮の木像

五丈原で臨終の際、諸葛亮が自分の後継者として
名を挙げた人物は2人。蒋エンと誰?
A:費イ

魏帝・曹奐が司馬炎に禅譲後、地方へ移送される際、
その前に出て「死ぬまで魏の臣であります」と、
泣きながら曹奐の手をとった司馬氏の一族は誰?
A:司馬孚

晋への降伏の際、呉から多くの文書類が没収された。
呉の帳簿には兵が何人いると書いてあった?
A:23万人

次のうち、諸葛亮が記したとされる書物は?
A:正議

劉備、諸葛亮、姜維のうち、最も早世したのは?
A:諸葛亮

関羽は曹操配下に甘んじるある日、劉備の生存を知り、
劉備に手紙を書こうとした。そして他者に読まれないよう
ある絵の中に文章を隠した。何の絵に隠した?
A:竹

『平蛮指掌図』なる軍略用の地図を作り、
南中平定に向かう諸葛亮に差し出したのは?
A:呂凱

曹操は荀を「我が張良(前漢の名参謀)」と評した。
司馬昭も、ある参謀を同様に評している。司馬昭が評したのは?
A:鍾会

臨終の際、劉備が最後に直接言葉をかけた人物は?
A:趙雲

曹操、曹丕、司馬懿のうち、最も長寿だったのは?
A:司馬懿

孫堅、孫策、周瑜のうち、最も長寿だったのは?
A:孫堅

江南一帯を拠点とし、呉を代々悩ました異民族の名は?
A:山越

劉備が在野の諸葛亮を迎え入れるため、
三度家を訪れたという話を源とする言葉は?
A:三顧の礼

次のうち、張魯の配下でなかった者は?
A:楊懐

歴代王朝で玉璽は皇帝の証とされてきた。
これを最初に用いたのは?
A:秦の始皇帝

呂布は董卓を討ったのち、李カクらに敗れて長安を追われた。
このとき呂布が最初に頼ったのは?
A:袁術

赤壁の戦いで、周瑜と黄蓋の苦肉の計を成功させるため。
偽手紙を持参して曹操を欺いたのは?
A:カン沢

孫権は、長じてからも勉学をやめない呂蒙を賞賛したが、
褒められたのは呂蒙の他にもう一人いる。それは誰?
A:蒋欽

正史によると、次のうち最も長身だったのは?
A:程イク

范疆・張達は、関羽の弔い合戦に備え、張飛から
あるものの調達を命じられるが達成できず、懲罰を受け、
張飛を恨んで殺した。あるものとは?
A:白装束

司馬師の専横に対し、カン丘倹らとともに義兵を挙げた文欽。
彼は2人の息子を率いて戦った。兄は文鴦。では弟の名は?
A:文虎

次のうち、呂布の正妻は誰?
A:厳氏

劉備は、タク郡の出身。では次のうち、劉備と出身が同じなのは?
A:簡雍

大都督は、部下の任免や処断を独自に裁量できるとして、
皇帝からあるものを預かる。あるものとは?
A:黄金のまさかり

郭淮の妻は、次のうち誰の妹?
A:王凌

司馬昭は、揚州の諸葛誕に謀反の兆しありと聞き、
諸葛誕をある役に任じて洛陽への帰還を命じた。それは何の役?
A:司空

匈奴にさらわれた蔡文姫が、曹操によって連れ戻された後、
結婚した相手は誰?
A:董紀

魏呉蜀の君主である、曹操、孫権、劉備。このうち最も年上なのは?
A:曹操

次のうち、双鉄戟を得物としていたのは誰?
A:典韋

司馬炎の建国した晋朝は、建業(建康)を都とした後と
それ以前では歴史上の呼称が変わる。
建業(建康)を都とする前の呼称はどれ?
A:西晋

次のうち、孫堅、孫策、孫権の三代にわたって仕えたのは?
A:韓当

次のうち、曹丕の四友でないのは?
A:荀

蜀の馬謖は諸葛亮の命令を聞かずに街亭で敗れたが、
馬謖を破った魏の武将は?
A:張コウ

呂布が最期を遂げた土地は?
A:下ヒ

趙雲が最初に仕えた君主は?
A:袁紹

諸葛亮と生没年が同じ人物は?
A:献帝

諸葛亮は北伐の際、木牛・流馬を兵糧輸送に活用した。
木牛・流馬は諸葛亮の妻・月英の発明であると言う
逸話が残されている書物は?
A:桂海虞衡志

劉備は生涯多くの戦に破れたが、最初の敗戦の相手は?
A:張宝

呉から秣陵(建業)への遷都を孫権に勧めたのは誰?
A:張紘

司馬懿は、曹爽が抱く強い警戒感を解くため、
曹爽の側近である李勝が様子を探りにきたとき、
芝居を打って李勝をだました。どんな芝居?
A:耳が聞こえないふり

劉備と出会う前の張飛の生業は?
A:肉と酒の販売

月英の父である黄承彦は、劉表配下のある武将の姉を妻としている。
ある武将とは?
A:蔡瑁

曹操は生涯戦場を駆け続けたが、最初に敗北した相手は?
A:呂布

五丈原から蜀軍が撤退すると、司馬懿は敵の陣営後を視察し、
諸葛亮をどう評した?
A:天下の奇才

荊州で呂蒙の策にかかり、命を落とした関羽を関平。
関羽が持っていた青龍偃月刀は、その後誰の手に渡った?
A:潘璋

孫権に首都を呉から秣陵に移すよう進言したのは?
A:張紘

孫権が最初に戦った相手は?
A:山賊

曹操が直接戦った最後の相手は?
A:魏延

次のうち、孫権の血縁でない者は?
A:孫韶

姜維はもとは魏の武将で蜀に降ったが、
姜維と一緒に蜀に降った魏の武将は誰?
A:尹賞

関羽が最後に戦った相手は誰?
A:潘璋

ある主君の参謀は、進言を退けられてへそを曲げ、
出仕を拒否し、主君が謝罪に訪れても自宅から出ようとせず、
ついにその主君に自宅へ放火された。この主君は誰?
A:孫権

劉備配下の馬良は、兄弟の中で最も優れていた。
馬良の身体的な特徴にちなみ、ひときわ優れた者への呼称が
故事成語となった。その特徴とは?
A:眉が白い

呉のハ陽郡の太守で、魏の曹休に投降を申し出たが、
計略かと疑われたため、頭髪を切り落として決意の程を示し、
まんまと曹休を欺いたのは?
A:周魴

名将の父を持ちながら、敵の捕虜になり、
裸にされた上に顔に墨を塗られ、生きたまま追い返されるという
大恥をかいたのは誰?
A:張虎

官渡の戦いの前に、田豊が兵力や物資の豊かさを理由に、
消極的な戦術を袁紹に唱えると、儒者は不戦を好むとして、
反対意見を述べたのは誰?
A:劉備

司馬懿の最後の官職は?
A:太傅

呉が滅んだときの晋の皇帝は誰?
A:司馬炎

曹丕の弟・曹植が、
曹丕の后・甄姫への思いを詠んだとされるのは?
A:洛神の賦

王允は貂蝉を使い、董卓と呂布の仲違いを誘う。
まず貂蝉と呂布を引き合わせるために贈り物をし、
呂布が答礼が来るようにしむけたが、その贈り物とは?
A:金の冠

赤壁の戦い直前、魏との戦闘を決意した孫権は、
「降伏論を唱える者は斬る!」と、あるものを斬って見せた。何を斬った?
A:机の角

孫堅に仕え、洛陽の井戸で見つけた玉璽が
「伝国の璽」であると教えたのは?
A:程普

劉備が臥龍岡へ諸葛亮に会いに行った際、
最初に諸葛亮と間違えたのは誰?
A:崔州平

次のうち、最も若くして家督を継いだのは?
A:劉禅

諸葛亮が劉備に指し示した天下三分の計。
一方、呉のとある猛将は、天下を二分する策を孫権に話している。それは誰?
A:甘寧

曹操の捕虜となった関羽が劉備の元に戻るとき、
突破した関の数は?
A:5つ

次のうち、馬超の妻は?
A:楊氏

次はいずれも魏の謀臣として活躍した軍師だが、
このうち、正史『三国志』に伝が立てられていない者がいる。それは誰?
A:司馬懿

劉備は諸葛亮を幕下に加えるため粘り強く何度も庵を訪れる。
2度目までは留守で、3度目にようやく在宅だったが、
劉備が着いたとき、諸葛亮は何をしていた?
A:昼寝をしていた

赤壁の戦い後、周瑜の命を受け、諸葛亮の捕獲に向かったのは?
A:丁奉

劉備の皇帝即位後、諸葛亮が就任した役職は?
A:丞相

次のうち、袁紹の血縁は?
A:高幹

いわゆる孟獲の七縦七擒。孟獲は、6度目までは、
捕まるたびに、諸葛亮に苦しい言い訳をし、解放させた。では、1度目の言い訳は?
A:山道が狭かった

蜀の劉璋は果断さに欠け、乱世を生き残るためには、
他の群雄に国を譲るのが得策と考える家臣も少なくなかった。
その1人だった張松が、最初に当てにした群雄は?
A:曹操

劉備の死因は何?
A:病死

合肥の戦いで、戦死した呉の武将は誰?
A:陳武

司馬懿の政権奪取後、夏侯覇は粛清を恐れて蜀に降る。
しかし子供たちは国元に残したままであった。
夏侯覇の子供たちは、その後どうなった?
A:流罪となった

223年、魏が呉を攻めた際、徐盛の命を受けて孫韶の救出に成功し、
さらに張遼を矢で射て戦傷死させたのは?
A:丁奉

次のうち、最も早く生まれたのは?
A:魯粛

劉備は張飛と出会う前、何を売って生計を立てていた?
A:わらじ

次のうち、曹操作の詩は?
A:短歌行

呉帝・孫休の命を受け、専横極める孫チンを討ったのは?
A:丁奉

孫策は、呉郡太守でありながら曹操と通じたある人物を斬った。
しかし、後日その人物に恩を受けていた者たちに襲撃され、
その傷がもとで死ぬことになる。この人物は?
A:許貢

呂布は曹操に敗れ、捕虜となった。
曹操が呂布を召し抱えようとするのを思いとどまらせ、斬るよう進言したのは?
A:劉備

諸葛亮らと同じく司馬徽の門下で、最初は劉備に仕えたが、
曹操の奸計により劉備の元を去らざるを得なくなり、曹操に仕えることになった知将は?
A:徐庶

司馬昭の専横を憎んだ魏帝・曹髦は、「潜龍」という詩を詠んだ。
詩の中で自らを飛翔できない龍に例えているが、
同じく司馬昭を別の生き物になぞらえている。それは?
A:ドジョウとウナギ

次のうち、張魯の配下でなかった者は?
A:楊懐

姜維が諸葛亮に降ったのは、諸葛亮の第何次北伐のとき?
A:第一次

袁紹が官渡の戦いで敗れ、袁一族は衰退の一途をたどった。
袁紹とその子、袁譚・袁煕・袁尚3人のうち、1人だけ病死した者がいる。それは誰?
A:袁紹

赤壁の戦いで、呉軍は曹操軍を撃破し、曹操を追撃する。
この追撃戦で、張遼に肩を射られ、川に落ちた武将は?
A:黄蓋

孫堅は何将軍に任じられた?
A:破虜将軍

曹操は帝の保護を契機により大きな権力を手にするに至った。
曹操が許に遷都した際に、保護した帝は誰?
A:献帝

自身および親衛隊の乗馬を白馬で統一した君主は?
A:公孫サン

劉備の入蜀の際、張飛に生け捕られ、
のちに天蕩山で夏侯徳を討ち取った老将は?
A:厳顔

蜀を支えた諸葛亮、費イ、蒋エン、董允という四人の重臣。
この四人をたたえる呼び名は?
A:四英

楊奉の属将だった除晃が許チョと互角に戦うのを見て、ぜひ陣営に加えたいと言う曹操。
これを応えて手に回したのは誰?
A:満寵

『三国志演義』は講談から生まれた章回小説という形式であるが
最も一般に流布されている回数は?
A:120回

典韋は、曹操に仕える前は誰に仕えていた?
A:張邈

孫策は何将軍に任じられた?
A:討逆将軍

袁紹配下の猛将として知られた顔良と文醜、
曹操の客将となっていた関羽に官渡の戦いで斬られたのはどちら?
A:二人とも斬られた

劉備が一緒に戦おうと従軍を申し出ると、
「敗戦ばかりの人間と共同するのは不吉だ」と渋った武将は誰?
A:文醜

『三国志演義』で曹操が飛ばした檄に応じ、
反董卓連合軍に参加した諸侯の数は?
A:17名

荀は、数多くの武将を曹操に推挙した。
次のうち、荀の推挙を経ずに曹操に仕えた者は?
A:賈ク

「蜀は其の龍を得、呉は其の虎を得、魏は其の狗を得た」と例えられた、
諸葛一族の魏将は?
A:諸葛誕

落鳳坡でホウ統を射殺した劉璋配下の将は?
A:張任

「生まれた年は違えども、死ぬときは共に」とは、
「桃園の誓い」の言葉だが、劉備と生まれた年が同じなのは?
A:呂岱

劉備が漢中王になったときに、諸葛亮は軍師将軍になっている。
では、漢中の太守になったのは誰?
A:魏延

張魯は、五斗米道という宗教をもって国を治めた。
五斗米道は名を変えて現代に残る。現代の名は?
A:正一教

練師は孫権配下のある武将の同族である。次のうち、誰の同族?
A:歩隲

主に災いをなす狂相として忌まれたが、劉備が蔡瑁に命を狙われたとき、
檀渓の激流の中から一躍三丈を跳んで西岸に上がり、追ってから劉備を救った馬は?
A:的蘆

鮑三娘は架空の人物とされるが、彼女のものとされる
墓が存在する。墓があるのはどこ?
A:四川

曹操は、死後、武帝と諡(おくりな)されたが、他に武帝と諡されたのは?
A:司馬炎

次のうち、王元姫の子でないのは誰?
A:司馬衷

諸葛亮の死後、職を裏切った魏延を背後から切り殺したのは?
A:馬岱

司馬師と義理の兄弟に当たるのは?
A:羊コ

関羽による樊城包囲の際、片肌脱いだ軽装の関羽を狙い、
射手に命じて、関羽のひじに毒矢を命中させたのは?
A:曹仁

孫堅の息子で、二番目に長命なのは誰?
A:孫策

曹操の後を継いだのは曹丕だが、実は長男ではない。では曹操の長男は誰?
A:曹昂

馬騰が曹操に騙し討ちされたとき、最後尾にいた馬岱は、
変装して追っ手から逃れた。馬岱は何に変装した?
A:商人

関羽が曹操の元を離れて劉備のところへ向かうとき、
赤兎馬を盗もうとした山賊で、元黄巾賊の武将は?
A:裴元紹

次のうち、呉の重鎮、張昭の子は?
A:張承

孫堅の娘であり、劉備の妻となった女性は?
A:孫尚香

趙雲が最初に仕えた君主は?
A:袁紹

次の役職のうち、劉備が就いていないのは?
A:典軍校尉

曹操軍の進撃から劉備を逃がすために、
しんがりとして長坂橋に仁王立ちした張飛。
追撃してきた曹操軍の中で、長坂橋にいなかったのは?
A:徐晃

諸葛亮が陣没した場所として有名な五丈原。この「原」が示す地形は?
A:台地

曹仁の娘と結婚した孫家の武将は?
A:孫匡

関羽は荊州で呉軍に囲まれ、上庸の劉封に援軍を求めるが、
援軍を断るように劉封に吹き込んだのは誰?
A:孟達

董卓討伐戦後に無官となっていたが、董卓が死亡すると、
李カク・郭に召し出され、太僕として朝政に復帰した後漢の将は?
A:朱シュン

反乱を起こした諸葛誕は、司馬昭の兵に攻められ、籠城の末、
敗死することになる。諸葛誕が魏軍に囲まれた城は?
A:寿春城

周瑜の長男は?
A:周循

219年の荊州攻略戦の際、孫権から出陣を命じられるが、
「主君と同姓の将軍が一緒では、軍内に不和が生じかねない」
と組むことを呂蒙に断れた孫権の従兄弟は?
A:孫皎

劉備に嫁いだ孫尚香を取り戻すため、
単身荊州に乗り込んで呉国太が危篤だという偽手紙を渡し、
孫尚香と劉禅を連れ出そうとした呉将は?
A:周善

劉備と孫尚香の婚姻の際、孫権側の仲人を務めたのは?
A:呂範

刀も矢も通さない藤甲の鎧で蜀の南征軍を悩ませた、烏戈国の王は?
A:兀突骨

トウ艾は蜀討伐の功績を上げながら、反逆者の汚名を着せられる。
その死後、司馬炎に訴え、艾の名誉を回復したのは誰?
A:段灼

諸葛亮による北伐は、全部で何回行われた?
A:5回

攻城兵器で、折り畳み式の大梯子を搭載した車は?
A:雲梯

曹操には25人の男子があった。
次はいずれも曹操の子だが、1人だけ母親が異なる者がいる。それは誰か?
A:曹昴

司馬昭死後、後を継いだ司馬炎は、魏帝・曹奐に禅譲を迫り、王朝を立てた。
禅譲は、司馬昭の死より何年後に行われた?
A:同じ年

劉禅が寵愛し、蜀滅亡の大きな要因となった宦官の名は?
A:黄皓

呉の猛将・李異は、大斧の使い手だったが、
その大斧には、ある表面処理が施されていた。それは何?
A:金めっき

袁尚配下の武将で、呂曠の弟は?
A:呂翔

270年、乱を起こし、涼州を一時制圧するが、
晋の名将・文鴦に討伐された鮮卑の首謀者は?
A:禿髪樹機能

皇帝となった司馬炎は、父祖たちの威徳を称えるため、
7つの廟を立てた。次のうち、廟が立てられなかったのは誰?
A:司馬朗

劉備の入蜀の際、逆さづりになって劉璋を諫めたにも関わらず棄却され、
自ら縄を切り落下してしんだのは?
A:王累

張飛の子で、蜀滅亡時に魏への降伏の使者となり、
劉禅の洛陽移送にも付き従ったのは誰?
A:張紹

司馬氏の一族は、ほぼ全員が正史の「晋書」に列伝が書かれているが、
ただ一人「三国志」の「魏書」に書かれているのは誰?
A:司馬朗

山賊の出身で関羽に仕え、荊州を呂蒙に奪われたのち、
麦城に籠もるが、関羽、関平の敗死を知ると、自害したのは?
A:周倉

『三国志演義』において、蜀の五虎将軍で3番目に死亡したのは?
A:黄忠

陸遜のもとの名は?
A:陸議

劉備は、何という名前の城で死んだ?
A:白帝城

曹操の怒りを買い投獄された華侘。もはやこれまでと死を覚悟し、
世話になった牢屋の番人に託した医術書の名前は?
A:青嚢書

関索は関羽の何番目の子供?
A:三男

諸葛亮の南征に従軍していないのは誰?
A:馬超

孫権は、劉備の呉遠征で窮地に陥り、陸遜を都督に抜擢して防ごうとするが、
陸遜が若年であったために群臣に反対された。次のうち、反対したものは誰か?
A:顧雍

劉備は、益州を得たのち定軍山の戦いで勝利し漢中も手にする。
そこで劉備を漢中王とするべく、推挙文が起草された。
さて、その推挙文の連名、つまり推薦人の筆頭にある名前は?
A:馬超

左慈が峨眉山で岩壁の中から入手したといわれる書物は?
A:遁甲天書

次の武将はいずれも孫堅の配下だが、一番最初に倒れたのは誰?
A:祖茂

次のうち、諸葛亮の血縁でない者は?
A:諸葛緒

次のうち、公孫サンと死亡年が同じなのは?
A:袁術

孫権の長女で、全の妻の名は?
A:孫魯班

諸葛亮の評判を聞いて探し回る途中、劉備はある居酒屋の前を通りかかった。
酒に酔って高らかに歌い、諸葛亮と間違えられた人物は?
A:石広元

曹操が魏王になったのに対抗し、劉備は何になったか?
A:漢中王

曹操が直接戦った最後の相手は?
A:魏延

陸遜は夷陵で劉備を破り、追撃を試みるが、
諸葛亮の仕掛けた「八陣図」に迷い込んで全滅の危機に瀕する。陸遜を助けたのは誰?
A:黄承彦

次のうち、孫策の娘を妻としたのは?
A:3人全員

次のうち、諸葛亮と同郷の人物は誰?
A:于吉

趙雲の単騎駆けで有名な長坂坡の戦い。この際、趙雲が助けた劉備の夫人は?
A:甘夫人

孫尚香との婚姻の祝宴後、劉備は不穏な空気を察して逃亡。
孫権は討ち漏らしてなるものかと、あわてて追っ手を差し向けた。
次のうち、追っ手に加わらなかったのは誰?
A:凌統

劉備が張飛と出会ったのは、黄巾賊討伐の義勇兵募集の高札を見ているときだった。
ではこの高札をだしたのは誰?
A:劉焉

街亭で馬謖が敗れて撤退する蜀軍。
この際、諸葛亮は、空の城に伏兵がいるように見せかけて司馬懿の追撃を封じる。
いわゆる「空城の計」だが、これが行われた城の名は?
A:西城

許チョの子の名は?
A:許儀

「士、別れて三日、即ち更に刮目して相対すべし」とは誰の言葉?
A:呂蒙

諸葛亮に、趙雲の死を知らせに来た二人の息子の名は、兄は趙統。では弟は?
A:趙広

諸葛亮の北伐の際、兵糧を輸送するが遅れて罰せられ、
これを恨んで魏に寝返り、諸葛亮に簒奪の意ありと流言を広めたのは?
A:苟安

諸葛亮は『出師の表』で当時の蜀の状況を、「危急存亡の秋」と言っている。
この「秋」は何と読む?
A:とき

赤壁の戦いの際、ホウ統が曹操を連環の計に陥れたのち、
呉に逃げ帰ろうとすると、ホウ統の袖をつかんだのは誰?
A:徐庶

長坂橋の戦いで、手勢を引き連れ敵中に引き返す趙雲を見て、
「趙雲が裏切った」と劉備に報告したのは誰か?
A:糜芳

孟獲の妻・祝融は夫も顔負けの武勇で知られた。
次のうち、祝融と戦って負けた武将は?
A:張嶷

次のうち、曹操の一族でないのは誰?
A:曹性

正史では呂布のあだ名は「飛将」。前漢時代のある名将のあだ名と同じである。
前漢の「飛将軍」とは誰のこと?
A:李広

劉封は劉備の実子ではなく、養子である。
劉封の名は養子になってから名乗ったもの。では、もとの名前は?
A:寇封

『三国志演義』において、諸葛亮はある人からの頼みを
「私を生け贄にする気か!」とはねつけた。誰からの頼み?
A:徐庶

関羽は腕に受けた毒矢の治療で名医・華侘の手術を受けた。
麻酔無しにも関わらず涼しい顔で、手術中は囲碁に興じる。このときの囲碁の相手は?
A:馬良

劉備が臥龍岡へ諸葛亮に会いに行った際、最初に諸葛亮と間違えたのは誰?
A:崔州平

諸葛亮が泣いて馬謖を斬る原因となった街亭の戦い。
山上に陣取られないよう馬謖を諫めるが聞き入られず、
別行動を取って諸葛亮にすぐ報告したのは?
A:王平

孫権の夫人のうち、
孫権の看病に疲れて自らも病に伏している間に宮女たちに絞殺されたのは誰?
A:潘夫人

鄭玄は劉備にとって学問の師の一人であるが、
鄭玄の門下生で劉備に仕えた者がいる。それは誰?
A:孫乾

曹操は、新野から南下する劉備を追うため、
荊州にいたもと劉の配下の武将二人を、水軍の指揮官に任ずる。
蔡瑁と、もう一人は?
A:張允

練師と孫権の間に生まれた子供は何人?
A:2人

劉備、諸葛亮、姜維のうち最も早世したのは?
A:諸葛亮

何進が宦官誅滅の命令を発すると、鄭泰は董卓を都に入れることに反対した。
さて、その諌言の言葉では、董卓を何に例えた?
A:山犬

諸葛贍の字は?
A:思遠

次のうち、黄巾賊への所属歴がないのは誰?
A:韓浩

劉備が蜀を建国し皇帝になったとき、諸葛亮は丞相となったが、司徒となったのは誰?
A:許靖

荊州を守る関羽は樊城攻めに向かう直前、不思議な夢を見る。
ある獣が関羽の足に噛みつくという夢だが、その獣は?
A:黒い豚

「墓場の骸骨のようなもの」と曹操に評された人物は?
A:袁術

劉備と劉璋が会談した際、ホウ統から、
剣舞の途中で隙を見て劉璋を斬るように命じられたのは?
A:魏延

諸葛亮はある武将の訃報を聞くと血を吐いて昏倒し、病に伏すほど心を痛めた。
ある武将とは誰?
A:張苞
関連記事
web拍手 by FC2

モンスターハンター4 イーカプコンバナー

0件のコメントが届いています

≪PREV TOP PAGE NEXT≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。